[AWS Certified SAP] Billing and Cost Management

本稿は、AWS Solution Architect Professional に出題される請求情報とコスト管理について個人用にまとめた記事です。

リザーブドインスタンス ( RI ) の一括請求(コンソリデーティッドビリング)

AWS Organizations を使用すると複数の AWS アカウントの支払いを統合し、一括請求とすることが可能です。一括請求が適用されている場合の RI の請求は、RI の共有がオンの場合、RI を購入したアカウントに優先して割引されます。RI を購入したアカウントに条件に一致するインスタンスがない場合、Organizations の他のアカウントの一致する条件のインスタンスに適用されます。RI の共有がオフの場合は、RI を購入したアカウントのみに割引が適用されます。

RI の共有を無効化する

支払いアカウントは Organizations 内のアカウントの RI の共有を無効化することができます。支払いアカウントのマネジメントコンソールにログインし、Billing and Cost Management コンソールで、RI 共有を無効化するアカウントを選択します。選択したアカウントを [ Ri discount sharing disabled ] に追加します。

RI の共有を有効化する

RI を共有するには、両方のアカウントで RI の共有を有効にする必要があります。支払いアカウントのマネジメントコンソールにログインし、Billing and Cost Management コンソールで、RI 共有を有効化するアカウントを [RI discount sharing disabled] から選択します。選択したアカウントをリストから削除します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA