[AWS CSAP]Amazon Route53

本稿は、AWS Solution Architect Professional に出題される Amazon Route53 について個人用にまとめた記事です。

Amazon Route53 が出題されるシナリオ

  • パブリックDNSホスト名の解決方法は?
    EC2コンソールまたはAWS CLIを使用したときにインスタンスにパブリックDNSホスト名がないことがわかりました。また、インスタンスがAmazon 提供のプライベート DNS ホスト名を解決できないことにも気付きました。どのように対応したら、名前解決ができますか。

VPC での DNS の使用

VPC には、VPC 内で起動したインスタンスがパブリック IP アドレスに対応するパブリック DNS ホスト名を受け取るかどうか、および Amazon DNS サーバーを通じた DNS 解決が VPC に対してサポートされるかどうかを決定する属性があります。

enableDnsHostnames

パブリック IP アドレスを持つインスタンスが、対応するパブリック DNS ホスト名を取得するかどうか示します。この属性が true の場合、VPC 内のインスタンスは DNS ホスト名を取得しますが、これは enableDnsSupport 属性も true に設定されている場合のみです。

enableDnsSupport

DNS 解決がサポートされているかどうかを示します。この属性が false の場合、Amazon が提供する DNS サーバー (パブリック DNS ホスト名を IP アドレスに解決します) が有効になりません。この属性が true の場合、Amazon が提供する DNS サーバー (IP アドレス 169.254.169.253) へのクエリ、またはリザーブド IP アドレス (VPC IPv4 ネットワークの範囲に 2 をプラスしたアドレス) へのクエリは成功します。

Multivalue Answer

1 つの FQDN に複数のヘルスチェック済みの IP を返す機能です。要件で ELB が利用できない場合、 ELB の代替えとして考慮されます。

ヘルスチェック

Amazon Route 53 は3種類のヘルスチェックを作成できます。

  • エンドポイントを監視するヘルスチェック
  • 他のヘルスチェックを監視するヘルスチェック
  • CloudWatchアラームを監視するヘルスチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA